「技術メモ」カテゴリーアーカイブ

WordPress 4.0は普通の?アップデート

もう4.0がくるんだなぁ。さすがにアップグレードは気をつけなくっちゃなぁ、と思っていたのですが、どんな変更だろうと調べてみたら、
WordPress 4.0は2014年8月27日にリリース予定! でも勘違いしないでね?
3.8→3.9と同等のアップデートだということが判明。ほっとした感もありつつ、ちょっと肩すかしな気分。ともあれ、様子を見たらアップグレードしてみようかな。

Arch LinuxでAuthorizedKeysCommandにLDAPに登録されている公開鍵を回答するスクリプトを設定する

LDAPで鍵認証させてSSHにログインする場合、CentOSなんかだと、AuthorizedKeysCommandにssh-ldap-wrapperを指定するのですが、Arch Linuxにこれが見当たらなかったので、下記のページを参考にして、独自のスクリプトを設定しました。

OpenSSH 6.2.x and LDAP authentication

my OpenSSH AuthorizedKeysCommand script

#!/bin/bash

LDAP_SERVER="ldap://localhost"
BASE_DN="ou=People,dc=example,dc=com"
BIND_DN="cn=Manager,dc=example,dc=com"
BIND_PW="パスワード"

SSH_USER=$1

KEY=$(ldapsearch -LLL -x -w ${BIND_PW} -o ldif-wrap=no -D "${BIND_DN}" -b "${BASE_DN}" -H "${LDAP_SERVER}" -S sshPublicKey "uid=${SSH_USER}" sshPublicKey | grep -v 'dn:' | perl -pe 's/sshPublicKey: //;')

echo "${KEY}"

後はこのスクリプトを保存して、
/etc/ssh/sshd_config

AuthorizedKeysCommand [スクリプトへのパス]
を指定してやればOKです。

gitでリモートサーバにpushする

gitでローカルリポジトリを使っていたプロジェクトを共有することになって、とりあえずリモートサーバにpushしようとしたところ、やり方が分からない!ってことで、とりあえず出来たからいいやレベルでやり方のメモです。

リモートサーバ上にレポジトリディレクトリを作成して移動します。

cd [ProjectsDir]/Repository

空のレポジトリを生成。

git --bare init --share

開発環境で、

git config --global user.email "user@mail.com"
git config --global user.name "TechGuy"

git remote add origin ssh://user@netanote.com/[ProjectsDir]/Repository

git push --set-upstream origin master

※一度はコミットしてあることが必要。

Arch LinuxにMunin nodeを追加

ちまちまと育てて来たCuBox-i4 Proですが、Muninのnodeをインストールしてようやく一区切りです。
Muninの設定は慣れたものと鼻歌まじりにArch Linuxにmunin-nodeをインストールして設定して、既存の監視サーバに設定して、出来上がり!と思ったら、全然、htmlが生成されない…
続きを読む Arch LinuxにMunin nodeを追加

Logwatchをsystemd timerで日次処理する

2014年6月現在、Arch LinuxではCronに代わってsystemd timerを使って定期実行をさせる方針のようです。
systemd/cron functionality (日本語) – ArchWiki
しかし、Logwatchをインストールすると、Cron(Cronie)が一緒にインストールされるし、ArchWikiもCronの解説が載っています。
Logwatch – ArchWiki
すでにLogrotateはsystemd timerで稼働させており、別にCronは動かしたくないので、Logwatchもsystemd timerで日次処理させようと思います。
続きを読む Logwatchをsystemd timerで日次処理する